自動車の(全損)とはその名が示すように愛車のすべてが故障した場合で結果的に走行することができないような車としての働きを満たせなくなった時に使用されますが、自動車保険における『全損』は少し異なった意味が含まれています。乗用車の保険においては車が壊れた場合では《全損と分損》という2つの状況に区分され、分損は修復費が補償金でおさまる場合を言い表し【全損】とは修理の費用が補償金より高い状態を示します。車の修理で(全損)という場面ではエンジンに修復できない打撃があったり、フレームが歪んでいたりして修復が難しい場合、再利用か処分にするのが普通です。しかしながら、乗用車の事故が起きてディーラーや自動車の保険会社がその修理の費用を見積もりした状態でどんだけ外観がしっかりとして修繕ができる場面でも修復の費用が保険額よりも大きければなんで乗用車の保険入っているのか分からなくなります。そのような場面では、(全損)と判定してマイカーの権利を保険会社へ譲渡し補償金額を支払ってもらう事になっています。当然の事ですが長年所持したマイカーで未練があり、自費で直してでも運転したいとおっしゃるひとはたくさんいますからケースによって車の保険の会社と確認しあうといいのかもしれません。また、自動車の保険の種類によってはこういう場面が想定され特約などの全損のために特約つけているケースが多々あり、予期せず愛車が《全損》なった場合でも新車購入の諸経費を一部分払ってくれるケースも実在したりします。なおかつ盗まれた際の補償金の特約をつけていたらとられてしまった乗用車が発見できない時でも全損とされ、補償金が支払われるサービスになっています。