自動車用保険の一形態として、代理店型カー保険と言われているものが存在します。代理店方式の自動車用保険を説明すると申し込み用の店を訪れて保険契約をする保険となります。それで、代理店申込みの保険についてはどういう種類の利点と短所がありうると思われますか?代理店式自動車用保険の何よりの売りは専門家と会話可能であるということです。クルマ保険を決めようとしても保険の言葉が理解できなかったりどのタイプの補償が適当なのかが見当がつかないことが多いです。のみならず見識を得て、その後、選ぼうとすると極めて長期的な苦学が必要になると予想できます。余裕がある加入者であればふさわしいかもしれませんが働きながらもクルマ保険の言葉を学ぶということは非常に難しいことでしょうし煩わしい作業になります。他方代理店方式の保険を選ぶと、自動車保険に関する基礎知識に自信が無くても、プロフェッショナルが相談に乗ってくれるため当人が何かを頭に入れておく責務が無いと言えます。加えていろいろな質疑応答ができるので、本当に適したクルマ保険に加入できる確率大です。代理店式マイカー保険の弱みは決まったクルマ保険のうちでしか自動車用保険を選定することが許容されないことと保険料の高額さが要注意です。原理的に代理店サイドはその店が販売している保険を勧めてくるので、限られた車保険サービスから保険を決めないといけません。そのせいもあって、バリエーションがどうやっても狭まるというディスアドバンテージが存在します。さらに、代理店を通しているから掛け金が増大するというディスアドバンテージが存在します。